借地権と借地借家法


不動産関係の法律や手続きというのは非常に複雑なもので、素人が理解しようと思うとかなり真剣に勉強する必要があります。相続などでこうした法律をある程度勉強しなければいけなくなるといろいろな疑問が出てくると思います。今回その中で借地借家法や借地権というものについてその適用範囲などを考えてみましょう。まず借地借家法とは建物と土地についての特別な賃貸借契約の規定のことです。どうしてもオーナーに比べると借家人や借地人は立場が弱くなりがちですので、そうした人たちを保護するための法律がこの借地借家法だと考えられています。借り主の権利がしっかりと保護されているので、建物や土地を借りている立場の人はこの法律についてしっかりと理解しておいた方が良いかもしれません。

借地借家法この借地借家法の適用範囲に関しては基本的に建物所有であることが前提となっているので、例えば土地を借りていてそこに建物を建てている場合は特に問題無いようです。一方駐車場や仕事の資材を置いているだけとして用いている場合は適用外となるため注意が必要です。ちょっとしたプレハブ小屋など微妙な形態の建物の場合はさまざまな意見が出てきて複雑になります。細かな規定も存在していますのでこうしたケースに当てはまる人は自分の場合はどのように適用となるのか、また適用にならないのか事前に詳しく調べておくことが重要です。1人で調べていてもなかなかわからない場合は不動産屋さんなどに相談すると良いでしょう。