立ち退き要求に対抗


立ち退き要求土地や家を借りている立場として借地借家法をしっかりと理解しておいた方が良いでしょう。例えば借地借家法をしっかりと理解していれば強引な立ち退き要求などに正々堂々と対抗できます。アパートにせよ借家にせよ大家さんから立ち退きを要求される場合があるかもしれません。こういう場合にどうしても借りてる方が立場が弱くなってしまいがちですが、借地借家法をきちんと理解している人は借り主側は法律でしっかりと保護されているということを知っています。

まず貸し主側に関して言えば、アパートなどを借りている人たちに対して立ち退きを要求するためにはそれなりの正当な理由がなくてはなりません。確たる理由がなく、しかも借り主側に家賃滞納などの非がない場合は貸し主側が立ち退きを要求したとしても借り主側は要求に応じる義務はないと言うことです。当然立ち退き料をきちんと支払って出て行ってもらうという貸し主が多いわけですが、借り主側が納得できる適正な立ち退き料を支払ってもらえないのであれば、借り主側は立ち退きを拒否して住み続ける事は法的に可能です。現在家やアパートを賃貸している方は何時何時立ち退きを要求されるか分かりませんのでこうしたポイントを押さえておきましょう。